ニュース

イベントその他の内容・スケジュールや、最新のカンボジアの情報などを発信いたします。

2014年11月01日

平成26年度フェスティバルも終盤です

GEJは、今年度も多くのフェスティバルに参加し、カンボジアでの「生活再建」「自立支援」活動のPRとご支援のお願いをしてきました。
今年度の締めくくりは、10月19日に開かれた『第2回日立建機フェスティバルinひたちなか』と11月9日に開かれる『第10回日立建機フェスティバル(土浦)』です。 たくさんの催し物が開かれ家族で楽しめますよ。
GEJは活動の報告とともに、プレミア付き(トミカ、はたらくくるまシール、カンボジアコーヒー)募金のお願いをします。
皆さん是非お越しください。













  続きを読む

2014年10月24日

碧水会海外研修会の皆さんがGEJ活動地域へ

日立建機ティエラ碧水会の皆さんは、定期的に海外研修を実施し見聞を深めていらっしゃいます。
今年度はカンボジアのGEJ活動地域への研修が組まれ、GEJが建設したプレイピールGEJ小学校訪問と地雷除去現場視察が組み込まれました。
プレイピール小学校では、子供たちの大変な歓迎をうけながら、“童心”に戻って楽しまれていました。
子どもたちとのふれあいは、縄跳びをしました。
碧水会の皆さんから子どもたちに「サッカーボール」がプレゼントされました。
そして「学業に勤しむように」とノートが一人一人に送られ、遊んだ後は“腹が減っては元気が出ぬ”とお昼のコッペパンと飲料水をもらい、満面の笑みを浮かべていました。
碧水会の皆さんは、その後地雷除去現場を視察され、「聞くと見るとでは大違い!」と除去作業の過酷さに驚かれていました。















◆碧水会の皆さんと記念撮影◆

  続きを読む

2014年10月10日

グローバルフェスタJAPAN2014 今年もたくさんの来場者が

10月4日、5日の両日、日比谷公園で催された「グローバルフェスタJAPAN2014」。
GEJも参加し、活動をPRしました。
来場者は10月4日(土)66,450人。5日(日)は雨で昼までの開催となり11,096人で 計77,546人と公表されました。
日本最大級の国際協力イベントです。




















しゃがみこんで じっくりとご活動説明

  続きを読む

2014年09月29日

カンボジア・スタディー・ツアー ・・・シェムリアップを離れる前に

たくさんの見聞を深めた、カンボジア・スアタディー・ツアー参加の皆さん。 シェムリアップから帰国の途に就く前に、お土産の買い物や、市内見学もされました。
その一端をニュースで・・・。
シェムリアップの中央市場と言いますか、観光客も市民も買い物に訪れる「オールドマーケット」そして「ナイトマーケット」。大変なにぎわいを見せています。
値段交渉がまたひとつの楽しみですね
。 そしてパブ街、こちらはやはり観光客の集まるところです。
その中に『レッドピアノ』と言うパブがあります。基調はもちろん赤。当然のごとく「赤塗りのピアノ」が鎮座してます。
このパブは「トゥームレイダー」と言う映画のロケ中に『アンジェリーナ・ジョリー』さんがよく立ち寄った店だそうです。
ツアー最後の食事は伝統芸能「影絵」と「アプサラダンス」を観劇しながらでした。
  続きを読む

2014年09月22日

秋のイベントシーズン 今年も是非ご参加ください

秋恒例のフェスティバルシーズンが到来します。
GEJもカンボジアにおける活動のご紹介のために出展します。
是非お越しください。
●グローバルフェスタJAPAN2014
10月4日(土)10:00-17:00
10月5日(日)10:00-17:00
   日比谷公園にて
GEJの出展している場所は「レッドエリア」、小間ナンバー「R39」です。














●第3回日立建機フェスティバル in ひたちなか
10月19日(日)  日立建機(株)常陸那珂臨港工場

●第11回日立建機フェスティバル2014年
11月9日(日)   日立建機(株)土浦工場


それぞれの会場で盛りだくさんの催しものがあります。
皆さんお誘い合わせのうえ是非のご来場をお待ちしています。

  続きを読む

2014年09月16日

日立建機ティエラ碧水会研修会にてパートナー講座を開催

9月11日、日立建機ティエラ碧水会の海外研修説明会に招かれ、GEJの活動をPRしました。
参加者は80名の会員さんでした。
今回の海外研修はカンボジアとベトナムの2国に分かれ視察されるとの事です。
GEJは寺平事務局長が参加し、カンボジアの悲惨な歴史(内戦)、負の遺産(地雷埋設)から始まり国の復興を願い、必死に行う地雷探査・除去活動、そして地雷除去後の土地に住む村人の生活再建・自立支援に取り組むGEJの活動を説明しました。
今回の予備知識をもって、バッタンバン州のGEJ活動地域を視察されます。
  続きを読む

2014年09月05日

バッタンバン州の孤児院でのふれあい

GEJが発足して7周年を迎え、これまでの活動の成果を村人たちと確認しあう『農業文化祭』。
この場においても、多くの友情の輪が生まれました。
「農業文化祭」を開催するにあたって、バッタンバン州の各方面にご案内とご協力の呼びかけを行いましたが、そのおり孤児院で現地支援活動を続けている日本人、岩田さんにお会いし、子どもたちとともに参加していただける事になりました。
折角の機会なので、農業文化祭で歌唱指導を担当していただく岩崎さんと小田切さんに孤児院を訪問してみんなで歌を楽しむ会を開きました。
またまた偶然です。その孤児院に津田塾大学の学生さん8名が「スタディー・ツアー」で訪問され、“仲間”になりました。
農業文化祭にも参加して盛り上げていただきました。
人と人のつながりの輪の広がり、とっても嬉しいものですね。






















==歌を披露する 岩崎さんと小田切さん==

  続きを読む

2014年09月01日

「おいなりさん」と「パンプキン・プディング」

平成26年度カンボジア・スタディー・ツアーは盛りだくさんのGEJ活動視察ツアーとなりました。
今回お届けするのはオプションコースで、プノンペンの家庭的なレストラン(SUNTA)での「日本料理」と「カンボジアのデザート」交流です。
8月21日、ツアー参加者15名のうち、4名の方がこのコースに参加しました。
日本料理は「巻き寿司」と「おいなりさん」、カンボジア料理はデザートの「パンプキン・プディング」です。
素敵な料理交流会となりました。
トゥクトゥクに乗ってスーパーへ              お寿司の食材買い出しに
(事務局長と参加者の大黒さん)

  続きを読む

2014年08月18日

日本赤十字看護大学生の皆さんがGEJの活動地域へ

日本赤十字看護大学に国際ボランティアサークル 『子どものためのナーシングチーム』
(the Nursing Action for Children's Energetic Future:以下NACEF)があります。 学生さんたちは、毎年カンボジアの孤児院を訪問し、子どもたちに健康診断や健康教育を 行う活動をしています。
今年度は、GEJが建設したプレーピールGEJ小学校とルセイロキーゼル小学校を訪問し、 活動展開していただきました。
NACEFは、2002年に活動を開始し現在まで地道に後輩の皆さんに引き継がれている 素敵なボランティアサークルです。
13名の皆さんが両校合わせ400人を超える子どもたちに健康診断・教育をしてくれました。
内容は、クイズ形式で衛生面や情操教育をした後に
●シラミチェック
●口腔チェック
●爪の状態チェック
●便スケール表使用腹部チェック
など、子どもたちに直に接し健康状態を確認していただきました。
その後「歯磨き指導」もして頂きましたが、ほとんどの子どもたちにとって“初体験”だったと思います。
後段にNACEFの代表者から感想を頂いています。





















==子どもたちに説明するNACEFの皆さん==






















==歯磨きのしかたを習う子どもたち==

  続きを読む

2014年07月02日

南郷小学校で出前講座を開きました

GEJはパートナー講座として、事務所に来ていただき活動を説明する課外授業、NPO関連の会合の分科会やフェスティバル会場等での活動報告、小学校・中学校に出向いて活動説明する出前講座を開き、支援の輪を広げることに努めています。
今回は6月21日福岡県宗像市立南郷小学校にて開いた出前講座の報告です。






















地雷模型に"オソルオソル"触れる子どもたち

  続きを読む

2014年07月01日

「日立建機フェスティバルin龍ケ崎」実行委員会からご寄付を頂きました

去る5月25日に開催された「第2回 日立建機フェスティバルin龍ケ崎」は、大盛況の内に幕を閉じました。
その際、ご来場の皆様がご家族で楽しまれた、子供向けチャリティーゲームの売上げは、実行委員会スタッフの皆さんの善意で、GEJに寄付していただきました。
ご寄付は、実行委員会責任者の赤松様より、GEJの寺平 事務局長に手渡され、GEJからはお礼として感謝状を贈らせていただきました。






















左から、日立建機衫競浦蟾場の園部さん、実行委員会責任者の赤松さん、GEJ寺平事務局長

  続きを読む

2014年06月06日

昨年のスタディーツアーのご感想をいただきました

平成26年度のカンボジア・スタディー・ツアーの参加募集が始まっています。
GEJが会員の皆さんに活動の状況を体感していただくツアーです。

昨年のツアー参加者、橋本隆子さんにそのご感想をお寄せいただきました。
橋本さんは、一昨年参加されたご主人のお話に感化され、地雷除去活動の現状と村人たちの生活を視察したいと思い申し込まれたそうです。
今回はご夫婦で参加されました。





















  ==プレイピールGEJ小学校にて==

  続きを読む

2014年06月02日

ルセイロキーゼル小学校の とある日の一こま

村人のお願いで、GEJが建設したルセイロキーゼル小学校教員宿舎の休日の様子をお届けします。
完成後の教員宿舎の不足していた設備「雨どい」と雨水をためる「水がめ」も増設し、簡易の共同台所もできました。











  ♡♡ 雨どいと水がめを設置した宿舎   ♡♡       ♡♡  共同台所の外観  ♡♡

  続きを読む

2014年05月29日

初狩小学校の子どもさんからカンボジアの子どもたちにノートのプレゼント

GEJの活動は、多くの皆さんから頂戴する暖かいご支援の輪で成り立っています。
今回ご紹介するのは、山梨県大月市初狩小学校の子どもさんからの嬉しいプレゼントのご報告です。
初狩小学校の教育方針の一つは、通常の教科では学ぶことのできない「平和教育」「環境教育」「福祉教育」を具体的な活動や、学校行事の中で学ぶ機会を設けていることです。
その教育の一つにアルミ缶の回収活動があります。
家庭から持ち寄ったアルミ缶を業者に回収してもらい、以前はその資金を福祉機器の購入に充てていたのですがカンボジアの惨状を知り、カンボジアの生活再建・自立支援活動を使命としている豊かな大地にご寄付いただけるようになりました。





























==集めたアルミ缶を踏み潰し容積を減らす子どもたち==


この間、バッタンバン州の小学校と絵画交換をしたり、地方開発局の方が来校し、交流を深めたりしてきました。
この活動と資金の用途については子どもさんみんなの意志が尊重されているとの事です。 子どもさんの情操教育に力を入れられている先生たちの「見守り」と「育み」の温かい心が感じられます。
今回頂戴したご寄付は、“具体的な直接的な形”で役立たせていただきました。
GEJが支援建設したカンボジアの三つの小学校の子どもさんにノートをプレゼントさせていただきました。
ノート・・・日本で暮らしているとピンとは来ないかもしれません。
実はとっても貴重なんです。
しかもみんな“お揃いで”。






















==「ワーイ ノートだ」 と子どもたち==

  続きを読む

2014年05月28日

龍ヶ崎フェスティバル カンボジアコーヒーの甘い香りが

5月25日に開催された「日立建機フェスティバルin龍ヶ崎」にブース出展し、GEJの活動説明と募金のお願いをしました。
好天の中、約3,000名の方が来場されました。
会場では、ご家族連れの皆さんが楽しまれるよう多くのイベントが催されました。
めったに見られない建設機械の組み立て工場内見学を始めとし、キッズコーナーではミニショベルの試乗体験・エコキャップアート・ミニSL・フアフア(エアマットテント)など、演奏・演舞ではよさこい・戦隊ショー・龍神太鼓など、来場者の皆さん拍手喝さいでした。
また、子供さん向けのチャリティーゲーム(スーパーボールすくい・シューティングビンゴ・射的など)は大人気で、担当の皆さんは大汗をかきながら対応されてました。
GEJは地雷模型・カンボジア活動説明とともに、募金活動として「チャリティーカンボジアコーヒー」「プレミア(ミニチュアモデル)付き募金」の出展をし、たくさんのご支援をいただきました。
有難うございました。




















==キッズコーナー「フアフア」で順番を待つ子どもさんたち==
  続きを読む

2014年05月20日

平成26年度カンボジア・スタディ・ツアーのお知らせ!


『平成26年度カンボジアスタディーツアーの申し込みは締め切らせていただきました。』

GEJが、その理念・使命として取り組むカンボジアでの生活再建・自立支援活動を体感していただくツアーです。
8月20日(水)〜8月27日(水)の6泊8日の予定で開催します。
GEJは、皆さんから頂いたご支援で地雷除去後の地での生活環境を整備してきました。
また、自立できるように稲作を始めとした農業訓練を繰り返し行い、生活の糧を継続的に得られるよう活動してきました。
今年度のスタディーツアーでは、農業訓練・インフラ整備の状況を体感していただき、村人や子どもたちとの触れ合いの場を設けることに加え、これまでの成果を分かち合い、先の夢を育むための「農業文化祭」への参加も組み込んでいます。
勿論、 世界遺産アンコールワット遺跡群の観光もお楽しみいただきます。
カンボジアへの往復は韓国・仁川空港経由です。
原則、成田発成田着ですが、カンボジア現地集合・解散も対応します。
はじめての方も、リピーターの方もぜひご参加ください。
 概要・スケジュールは以下の通りです。
【概要】
 日  程:平成26年8月20日(水)〜8月27日(木)6泊8泊
 旅行代金:おひとり様 16万円(全食事つき)
  別途、海外傷害保険・入国ビザ代がかかります。
 定  員:15名
 受  付:6月2日(月)開始
  ご連絡いただいたのち、申込書をメールもしくは郵送にてお届けします。
 締  切:6月27日(金)
 問合先 :ホームページを参照下さい。






















==2013年度スタディーツア  ベンメリア遺跡にて==

  続きを読む

2014年05月19日

第2回日立建機フェスティバルin龍ヶ崎 に出展します

5月25日、竜ヶ崎で「第2回日立建機フェスティバルin龍ヶ崎」が開催されます。GEJもみなさんに活動を知っていただくために昨年に引き続き、出展します。  催し物もたくさんあります。ご家族で来場されて、フェスティバルを楽しみ、また、GEJの活動の一端をご体感ください。












==昨年のフェスティバル会場入門アーチ==

  続きを読む

2014年04月25日

新社会人の皆さんにGEJパートナー講座開催

4月24日、日立建機(株)様の霞ヶ浦総合研修所にて新入社員研修の場をお借りし、約300名を対象にGEJの活動報告をしました。
GEJ2014年度最初のパートナー講座(出前授業)です。

  続きを読む

2014年04月23日

かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソンかすみがうら大会 今年も健脚を競いました

4月20日の「かすみがうらマラソン」、今年で24回目の開催となりました。
テーマは『甦れ、霞ヶ浦 水はスポーツの源』『体験する福祉・ノーマライゼーションの実践』です。
GEJは『プラチナ・オフィシャル・パートナー』の日立建機(株)ブース内で活動のPRと、ご支援のお願いをしました。

  続きを読む

2014年03月10日

都留(つる)市立東桂(ひがしかつら)小学校にてカンボジア交流会が開かれました

3月4日、山梨県の都留市立東桂小学校において「カンボジア交流会」が開かれました。
参加者は
●東桂小学校:6年生の生徒さん(89名)、先生の皆さん
●講演者:岩崎けんいちさん(シンガーソングライター)、雨宮由里恵さん(山梨国際交流協会)
●GEJ:寺平事務局長、モン・ソンバー カンボジア事務所副所長
です。
さてこの交流会は少し説明が必要です。
高山校長先生が山梨県の初狩小学校に赴任されていた折、「アルミ缶回収収益金をカンボジア復興支援に寄付する」活動を進めておられ、そのご寄付先が「豊かな大地(GEJ)」でした。
そして、2010年山梨県国際交流協会主催「カンボジアにおける地雷除去と復興地域の人々との交流事業」が行われ、カンボジアから3名(バッタンバン州政府、GEJ、CMACの職員)が来日し、初狩小学校を訪問、授業の様子を見学、また児童たちと交流しました。
カンボジアからお越しになったみなさんは、ご挨拶で復興支援に長年協力をいただいていることに深い感謝の言葉を述べられました(その中の一人がモン・ソンバーGEJ現カンボジア副所長です)。
翌年には、山梨県国際交流協会主催の「カンボジアスタディーツアー」が実施され、高山先生は団長として参加されました。
そのおりには、来日した皆さんがカンボジアでのコーディネーター役を務めました。
以降、GEJとの交流が一層深まり、カンボジア事務所モン・ソンバー副所長が来日した今回の機会をとらえ交流会が催されたものです。

  続きを読む

2014年02月26日

周南ライオンズクラブ様から筆記具のプレゼントを頂きました

山口県の周南ライオンズクラブ様から、ボールペン等の筆記具寄贈を受けました。 「縁は異なもの味なもの」です。
GEJのスタッフがカンボジアに駐在していた折、在留邦人を中心としたソフトボールの同好会に参加していました。
そのメンバーの一人にJICAシニアボランティアの方がいらっしゃり、帰国後、山口県の町会議員としてご活躍される事になりました。
周南市のライオンズクラブは、かねてよりペットボトルのキャップを集め収益金をNPOに寄贈する活動を進めてきました。
その周南ライオンズクラブの役員さんが、事業の中で大量の未使用筆記具を入手し、活用方法として途上国の児童に寄贈したいと考え、前述の町会議員さんに相談、旧知のGEJスタッフを紹介して頂いたものです。
筆記具はGEJのカンボジア事務所まで送り届けていただきました。
相談の結果、まずはGEJが建設したスラッパン日立建機小学校・ルセイロキーゼル小学校・プレイピールGEJ小学校の3校の生徒さんたちに差し上げる事にしました。

  続きを読む

2014年02月07日

GEJが茨城県の国際化交流推進奨励賞を受賞しました

GEJは茨城県の「公益財団法人茨城県国際交流協会」に常日頃からご支援を受けています。
また、協会の活動にも参加させていただき、PR活動推進の面からもお世話になっています。
この度、協会様の御推薦を受け、2013年度茨城県国際化推進奨励賞を受賞する運びとなりました。
茨城県国際化推進奨励賞の主旨は
茨城県の国際化を推進するため、「国際交流」「国際協力」「多文化共生」等の分野において
顕著な功績のあった個人及び団体に対し、授与する。

と言うもので、昭和61年度に創設され、これまでに306人(個人部門)、187団体(団体部門)が受賞しています。今回の受賞者は個人2名と5団体でした。
大変光栄なことですが、これも会員の皆様からのご支援と、多くの皆様から頂戴したご寄付の賜です。

  続きを読む

2013年11月06日

秋のフェスタ たくさんの方にご来場いただきました

2013年度のGEJフェスタ参加は、『日立建機フェスティバルin竜ヶ崎』、『グローバルフェスタJAPAN2013』と続き、『よこはま国際フェスタ2013』、『日立建機フェスティバルin土浦』で締めくくりました。
残念ながら、よこはま国際フェスタ2013は雨天強風で2日目が中止、『日立建機フェスティバルinひたちなか』は台風接近により中止と不順な気象の影響をモロに受けてしましました。長い期間準備に余念のなかった皆さんの苦労と落胆のほどがしのばれます。来年は天気に恵まれますように祈念します。 以下、よこはま国際フェスタ2013・日立建機フェスティバルin土浦での、GEJ活動のPRの様子をご報告します。




















==日立建機フェスティバル入場口にて==





















==歩道橋より臨む横浜フェスタ会場==


  続きを読む

2013年11月01日

ご寄付いただきました 支援活動に役立たせていただきます

GEJの活動は、会員の皆さんからいただく会費と心温まるご寄付で成り立っています。頂いた浄財は、地雷除去後の土地で生活する皆さんの自立支援活動に活用します。
2013年度前半においてもたくさんのご寄付を頂きました。ありがとうございました。
今後ともご支援よろしくお願いいたします。

  続きを読む

2013年10月28日

洪水被害調査に奮闘 4駆も走れない・・・

カンボジアを襲った豪雨とそれに伴う洪水は、ようやく水も引きその被害対策を考えられるところまできました。
さて、読者の皆さんは日本での昨今の台風被害にくらべ
「このくらいの洪水や道路の損壊なら大きな問題では・・・」

と思われるのではないでしょうか。
先進国では、情報伝達能力・危機管理体制が整備され、インフラもしっかりしています。また、救援体制もしかりですね。
カンボジアは経済復興が目覚ましいといっても、過去の悲惨な歴史からのスタートで、国の行政能力はまだまだです。
GEJが支援するバッタンバン州の村落は電気も通じてませんし、移動手段も旧式のトラクターでけん引する荷車・バイク・自転車といったものです。
その中での道路損壊は生活を営む上で大変な障害となります。
国力(インフラ環境・生活レベル)が違うと、天災被害の影響がこうまで違うのかと痛切に感じます。その想いを共有してお読みいただければ幸いです。
GEJは、時間の経過が村人の困窮を増幅してしまうことから、スタッフをあげて支援地域の被害状況を独自に調査し村人たちと一緒に復旧の道を検討することにしました。
調査は4駆車で向かいましたが、ルセイロ村に入る直前で車が泥土に阻まれ動けなくなるアクシデント発生。
村人たちに助けてもらいなんとか脱出できました。






















プレイピイール村〜トムナッタクン村は道路が損壊し、車・トラクターが通行不可のためバイクに乗り換えての移動となりました。
一番道路の舗装部分にダメージを受けたスラッパンでは、4駆車が度重なるスリップ状態に陥り、その都度村人たちの助けをお借りしました。目的地に到着するまで普段の数倍の時間を要したとの事です。
GEJはその調査を元に、村人たちと力を合わせ復旧計画を進めていきます。

  続きを読む

2013年10月14日

カンボジアに洪水が・・・

日本のみならず、地球の至る所で異常気象のニュースが蔓延してますね。
カンボジアでも凄い豪雨の影響で、豊かな大地の活動地域バッタンバン州でも広範囲に 及ぶ洪水の連絡が入りました。
幸い、生活圏に被害を及ぼした洪水も少しずつ引き始めているそうですが、現地スタッフと 綿密な連絡をとりながら被害の状況を確認し、どのように復旧していくかの検討を始めます。

第一報で入った洪水の状況をお知らせします。
  続きを読む

2013年10月11日

秋のイベントシーズン到来です

GEJはこのシーズン毎年、各種フェスタ・イベントに参加し、GEJの『理念・使命』をご説明して、皆さんのご支援をお願いしています。
かわきりは、日比谷で10月5日〜6日に開かれた『グローバルフェスタJAPAN2013』です。
10月19〜20日には『よこはま国際フェスタ2013」が、横浜象の鼻パークで開かれます。
その後、10月27日に『日立建機フェスティバル2013』がひたちなか、11月4日には土浦にて開かれます。ご家族連れで愉しまれるとともに、GEJ豊かな大地の活動を是非ご覧ください。
今回は、グローバルフェスタの参加報告です。

  続きを読む

2013年09月30日

2013年度カンボジア・スタディー・ツアーのご報告第3弾シェムリアップ篇

カンボジア・スタディー・ツアーも大詰めに来ました。
4輪駆動車で揺られる旅から、再び専用バスに戻り、シェムリアップに向かいました。
タイトなスケジュールをこなし、ツアーの最終地は世界に冠たる遺産「アンコール・ワット遺跡群」見学です。
ツアーは、これまでカンボジア料理を堪能してきましたが、そろそろ日本食が恋しくなるころ・・・シェムリアップ到着日の夕食は和食レストランにしました。
皆さんそれぞれにお好みの品を食され一息つかれたことでしょう。(でもカンボジア料理はおいしいですよ)
それでは、『世界遺産アンコールワット遺跡群』見学のご報告に入ります。

  続きを読む

2013年09月30日

2013年度カンボジア・スタディー・ツアーのご報告第2弾バッタンバン篇

カンボジア・スタディー・ツアー報告第2弾バッタンバン篇です。
バッタンバンはGEJの活動地域で、現地に赴くときはバスから4輪駆動車に乗り換える必要があります。
GEJでは、この地域の生活道路を計画的に整備していますが、洪水被害などにより、維持管理活動も重要なファクターになっています。
リピータの方は『昨年に比べ良くなってきた』と感想を述べられますが、初めて参加される方は、車に揺られ『すごい道路だ』と、しきりに驚かれていました。

元気に・笑顔で・希望をもって前に向かうバッタンバンの村人たちとの触れ合いのご報告です。

  続きを読む

2013年09月30日

2013年度カンボジア・スタディー・ツアーのご報告第1弾プノンペン篇

8月24日から31日の期間で、豊かな大地『2013年カンボジア・スタディー・ツアー』を実施しました。
GEJのカンボジア・スタディー・ツアーは、GEJのカンボジアにおける『生活再建・自立支援活動』を会員のみなさんに体感していただくことが一番の目的です. 加えて、世界に冠たる『アンコール・ワット遺跡』は勿論ですが、『悲惨な歴史の痕跡』『負の遺産』も視察していただきます。 ツアーは、成田発―仁川経由―プノンペン着で始まり、シェムリアップ―仁川―成田で 帰国いたしました。総勢12名で、リピータ4名、1組のご夫婦も参加されました。
それでは今回の『プノンペン篇』から始め、『バッタンバン篇』『シェムリアップ篇』と3回にわたりご報告致します。   続きを読む