活動報告

具体的なGEJの活動を、写真を使って皆様にご報告いたします。

2014年05月16日

トムナッタクン村とスラッパン村間の道路整備

GEJは村人の声を聴き取りながら、生活再建の一助を担います。
平成26年度上期のインフラ整備として、要望があったトムナッタクン~スラッパン村への生活道路整備を現地調査し、関連するみなさんと対策を検討しました。
乾期には生活・通学道路としてそれなりに機能してますが、雨期になると粘土質の道路でグチャグチャになり大変苦労している様相が分かり、今年度上期最初のインフラ整備活動として取り組む事にしました。






















==雨期の道路状況 牛も歩けるところを探すのに大変==























==整備区間は赤い線で示した3.6劼任==



子どもたちへのインタビューもあります。続きを読んでください。



  続きを読む

2014年05月07日

農業訓練の成果:トムナッタクン村から喜びの声が

トムナッタクン村での農業訓練のフォローアップについて報告しましたが、今回は 受講した村人お二人へのインタビューの内容を報告します。











==コイ・ディンさんご夫妻==                ==チョム・ニュアーンさん==

  続きを読む

2014年04月04日

農業訓練 ハウスでの棚積みとビニールバッグでのきのこ栽培

プレイピール村・トムナッタクン村とトゥールスヌル村でのちょっと手のかかる本格的(現地においては)なきのこ栽培フォローアップ訓練開始の活動報告です。

  続きを読む

2014年04月01日

2014年度農業訓練はじまりました まずはトムナッタクン村のフォローアップから

2014年度農業訓練はじまりました まずはトムナッタクン村のフォローアップから 昨年、トムナッタクン村で初年度「きのこ栽培農業訓練」を実施し、今年度はそのフォローアップ訓練を実施しました。
GEJは、このフォローアップを大事にしています。自立の芽を育む事がいかに重要か・・・これが活動の理念です。

  続きを読む

2014年02月25日

ルセイロキーゼル小学校の教員宿舎が完成しました

先だってお知らせしたルセイロキーゼル小学校の教員宿舎が完成しました。
小さいながらも、パーソナルスペースの確保です。12屬里部屋4室で、2名ずつ8名の先生が入居出来ます。
今回はルセイロキーゼル小学校の先生4名とスラッパン日立建機小学校の先生2名の計6名が居住することになります。






















==完成した教員宿舎==


  続きを読む

2014年02月24日

生活再建に欠かせない用水の確保 ため池の造成

2013年度のインフラ整備の計画は、生活再建に欠かせない用水確保のための“ため池”造成です。
今年度は、トレピアンクバルスバー村に2基、プラホップ村に2基、トムナッタクン村に1基の計5基造成に取り組みました。

  続きを読む

2014年02月17日

雨のたびに学校に入れない・・・

カンボジアは、ほとんどが平野で川の水が勾配により流水となることが少ない地形です。
そのためスコールがあるとあふれた水は、生活圏に広がりジワジワと水かさが増してきます。
今回の大雨のように貯水池の堤防が決壊すると、溢れ出た泥水が静かに押し寄せ一面池の様相となります。
その泥水は地面に浸透していくまで残ってしまいますが、厄介なことにカンボジアの地質は粘土質なので水がひくまでかなり時間を要します。

==生活道路もこのように==    ==洪水後のプレイピール小学校 池の中です==

  続きを読む

2014年02月03日

スコールのたびに泥濘(ぬかるみ)の中を通学してます・・・

すでにご報告の通りGEJは、カンボジアを襲った洪水被害状況確認のために現地調査を実施し、加えて村人からも聴き取り調査をしました。
今回の洪水でもダメージを受けたトムナッタクン村・・・泥水はひいたものの、通学路はスコールのたびにダメージを受け子供たちは通学に支障をきたしているとの事。 「通学路の整備を!」とお願いされました。   続きを読む

2014年01月07日

村人からのお願いが・・・若い先生にパーソナルスペースを!

GEJは、一番の活動目的である『生活再建支援』として『農業訓練』を実施しています。
これまでの支援地域の農業訓練の成果で、収穫量・収入は大幅に改善されてきました。
支援活動は実施したら終わりではなく成果を含めたフォローを実施しその中で困って
いることなどを聴き取り追加支援の必要性も検討します。
農業訓練の打ち合わせの場で、村人から切なる願いが届きました。
「頑張っている先生たちに自分の部屋を!」
今回お届けするのは、教員宿舎の建設支援です.

  続きを読む

2013年12月25日

バッタンバン州の新規支援活動要望村落の調査を始めました

GEJの活動は、村人たちの生の声(要望)を聴き、実態の調査をしてから支援活動の
計画をたてます。
天の声ではなく、実生活者の声を聴き取り支援を検討するのが豊かな大地の活動です。
要望に一度に対応出来ればそれに越したことはないのですが、皆さんから頂戴した
浄財をいかに有効に活用するか十分に検討すると共に、地雷除去活動の進捗状況を
確認して活動をすすめていきます。
バッタンバン州の新規支援の要望を受けた実態調査の様子を報告します。

  続きを読む

2013年12月06日

みんなできれいな学校にしようね

GEJは、生活再建・自立支援として農業訓練・インフラ整備の活動をすすめ、成果の把握と実施後のフォローを行う事で、支援した事が生活に密着し継続性が保たれるよう努めています。
将来を担う子供たちへの支援活動として、学校建設にも携わってきました。
建設した学校は、「スラッパン日立建機小学校」「ルセイロキーゼル小学校」「プレイピールGEJ小学校」の3校です。
そして、建てるだけではなく自らの手で維持管理する習慣の醸成を目指しています。
そのことを念頭に「整理整頓された環境で勉強しようね!」を合言葉にスタディーツアー等で参加者とともに校庭の清掃作業を一緒にしてきました。
その活動を一歩進めた取り組みについて報告します。

  続きを読む

2013年12月06日

N連道路評価調査を受けました

『外務省日本NGO連携無償資金協力(略称N連)』を活用し、昨年完成した「N連道路」の中間評価調査を受けました。
調査は在カンボジア日本大使館の担当者により執り行われました。
立会には、CMAC(カンボジア地雷対策センター)副長官・部長とGEJの現地スタッフが参加しました。
調査内容は
●道路とカルバート現況調査
●コクチョー村保管修理機材の確認
●アンドックドルモイ村保管修理機材の確認
●両村村長へのヒアリング
です。
GEJは道路維持管理活動に力を入れていますが、村民の「自らの手でメンテナンス」の効果が顕著で、
調査担当者の方も道路のコンディションの良さに感心されていました。

  続きを読む

2013年11月18日

洪水被害 村人自らの手で生活を護る!

カンボジアを襲った豪雨による被害対策は、国の被害状況調査と復旧計画も纏まりましたが、村人たちは日々の生活を守るために、自らの手で簡易的な復旧をすすめる事になりました。
GEJの自立支援活動である「道路維持管理訓練」がここでも功を奏しました。
明るい国民性と老若男女を問わず仲間で力を合わせる姿は、将来の発展に大きな望みを抱かせます。

  続きを読む

2013年10月02日

村人たちの幸せな笑顔:トレピアンクバルスバー村のフィールドディ(収穫祭)

フィールドデイ(収穫祭)は、農業訓練の成果として村人たちの努力の結晶が実ったおりに開き、みんなで喜びを分かち合います。
今回はトレピアンクバルスバー村の収穫祭として、「養鶏」・「家庭菜園」の成果、「稲作」のフォローについて報告します。

  続きを読む

2013年09月17日

村人の手で定期的に道路補修を!(N連道路にて)

GEJは、敷設した道路の維持管理活動を「村民の手で」定期的に・自主的に行う体制作りの支援を進めています。
今回お届けするのは『外務省日本NGO連携無償資金協力(略称N連)』を活用して敷設したコクチョウ村からアンドックドルモイ村までの3.4劼龍茣屬紡个垢覦飮管理活動です。
N連の支援を受けGEJが敷設に取り組んだ道路を、村人たちが自らの手で護っていく、自立支援の形をご確認ください。

  続きを読む

2013年09月09日

農業訓練の一環 養鶏の成功事例研修に行きました

きのこ栽培の成功事例研修に引き続き、養鶏の成功事例研修を開きました。

トレピアン・クバルスバー村の54農家の皆さんがポイ村とコンポン・アンピル村の2か所を訪れ、養鶏の成功事例を研修しました。

ポイ村では大規模養鶏を成功させた農場主さんから、成功させるためのコツ・鶏小屋を清潔に保つためのノーハウを教えていただきました。
コンポン・アンピル村では、規模別の鶏小屋の作り方・鶏の選別(病気をさける)・餌の与え方・予防接種など広範囲にわたり教えていただきました。
研修後、教えていただいた内容を忘れないように紙に書き込み、教材として残しました。
参加者の皆さんは、今回の研修を生かし自分たちの養鶏に役立たせる強い意欲を見せるととともに、GEJの支援に感謝の言葉を残して帰路につきました。
成功事例の体験は、大きな夢を育んでくれるものです。
GEJは今後もこの活動も継続していきます。   続きを読む

2013年08月16日

インフラ整備 道路維持管理を「村人自らの手」で

 GEJは発足以来、村人の生活再建のためのインフラ整備に努めてきました。このインフラ整備も「自立」の支援として進め、維持管理セミナーを開いてきましたが、今年度から一歩進めて「村人自らの手」で責任をもって維持管理する体制作りにチャレンジすることにしました。
 今回のご報告は、その入口です。

  続きを読む

2013年08月12日

きのこ栽培 となりの州へ”小修学旅行”に

 GEJは単にその地域・村で栽培訓練をするだけではなく、成功事例を紹介しながら夢と希望を育んでいきます。
 バッタンバン州からお隣のバンティメンチェイ州に成功事例を体感しに行きました。
 ”小修学旅行”と言ったところです

  続きを読む

2013年07月25日

きのこ栽培の訓練 簡易的な栽培手順です

 前活動報告の「きのこ栽培方法」第2弾です。簡易的な方法ですが、栽培地を確保できるときは省力的な栽培方法として広まっています。

  続きを読む

2013年07月24日

きのこ栽培の訓練 標準的な栽培方法です

 GEJの大きな使命は地雷除去後の土地で「基礎的な農業技術の普及」を目指した訓練を継続的に実施し、村人が自立して生活基盤を維持できるよう支援することです。
 2013年度の農業訓練も、5月20日付けの「活動報告」でお伝えしたように、村人の要望を聴き取りながらGEJスタッフ、実際に訓練を委託するPDA(バッタンバン州農業局)のスタッフと打ち合わせ座学から開始しています。
 今回の「活動報告」から具体的な農業訓練の状況をお伝えします。先ずはきのこの標準的な栽培方法です。  続きを読む

2013年07月23日

茨城県国際交流・協力ネットワーク会議にてGEJ活動を紹介

 7月4日茨城県県民文化センター文館にて、(公財)茨城県国際交流協会様主催の 「平成25年度国際交流・協力ネットワーク会議」が開かれました。
 会議の目的は、「市町村」「市町村国際交流協推進組織」および「県内民間国際交流・協力団体」との連絡会議を開催し、研修及び相互連携、情報交換を図るものです。
 毎年開かれる同会議に、GEJも参加しています。
 今回は、国際交流協会より依頼を受け、分科会でGEJの活動をお話しさせていただく機会を得ました。  また、「ふれあい茨城89号」にGEJの記事を掲載していただきました。


  続きを読む

2013年07月22日

生活の糧を得るための「環境整備」サポート

 GEJの活動は「農業環境整備」そして「生活環境整備」を使命としています。
 2013年度の生活環境整備の取り組みは「トムナッタクン―トゥールスヌル―プラホップ」間の道路整備、「プラホップ―トレビアンクバルスバー」間の道路建設と「ため池」新設です。
 また、GEJの非常に重要な活動である「自立支援」の面から、既設道路5村での「道路維持管理セミナー」を開催し、「自らの手で自らの生活環境を護る」自立の気持ち醸成に努めていきます。活動内容は順次ご報告します。
 今回は、トムナッタクンから始まる、重機を使用しての道路整備についてご報告します

  続きを読む

2013年05月17日

生活基盤を支えるためのインフラ整備自立支援

 みなさん、生活していくうえで目的地へ向かう道路が荒廃してたらとても 難儀しますよね。
 私たちの普段の生活でも新しい道路が敷設され、あるいは 修理のための工事が行われるているのを良く目にします。
 カンボジアの道路事情はなかなか厳しい状況にあります。
  GEJはインフラの整備支援に取り組んでいます。
 GEJの役割・・・荒れた農道・生活道路の新設や敷設した道路の維持管理活動。
 重要なことは「どこかの誰かが来て造ってくれる。整備してくれる」では ありません。 村人たちが「本当に必要としているか」そして「敷設した道路を自分たちで維持していく気持ちをもっていただけるか」です。
 他人事ではなく、自分たちで維持管理していく「自立の気持ち」を支援するのが GEJの理念です。

  続きを読む

2013年05月07日

プレイピールGEJ小学校生徒のみなさん 元気に通学していますよ

 プレイピール小学校の引渡しもすみ、生徒さん達は元気に通学しています。
 その生徒さんたちと校長先生から『お礼のお便り』が届きましたので、ご紹介します   続きを読む

2013年04月25日

プレイピール小学校が完成しました!

プレイピール小学校の建設は、村民のみなさんの強い要望により
GEJが2012年度の重点活動計画として取り組んできたものです。
 昨年8月に着工し、今年3月初旬にGEJが建設す3校目の小学
校として完成しました.正式名称は「プレイピールGEJ小学校」で、
その引渡し式典が、3月25日に盛大にとり行われました。その様子をご紹介します。

>   続きを読む

2013年02月27日

乾期の支援活動ご報告!

乾期は道路やため池など、インフラ建設の季節です。
雨期には、雨のため道がもろくなり、重機が村に入ることが難しいですが、乾期になると道が固まり、重機や建設機械が村の奥まで入っていくことが出来るからです。
特に今年の乾期は、やらなければならないことがいっぱい!前回の雨期に降った雨が異常気象とも言えるほど激しく、村人たちの生活に支障をきたしているからです。

今回は、現在進行している工事などをご紹介します。   続きを読む

2013年01月30日

支援活動ご報告

 昨年、カンボジアの雨期は異常気象と言えるほどの降雨量でした。
 豊かな大地が支援する村々でも苗床が壊滅状態になり、農業訓練が滞ったり、また 雨期が長かったために、工事に遅れが出たりと、支援活動にも大変な支障をきたしま した。
 現在、やっと天候が安定してきています。
 そこで滞っていたプレイピール村での小学校建設が、3月の開校に向けて急ピッチ で進められています。その他、道路やため池の建設なども同様です。
 また、本来であればフィールドディを行って終了する農業訓練ですが、今年は稲作 の訓練をやり直したため、現在もそのフォローアップが続いています。村人たちと 農業局のトレーナーは、引き続き稲作の訓練を行っています。
  続きを読む