活動報告

具体的なGEJの活動を、写真を使って皆様にご報告いたします。

2013年01月30日

支援活動ご報告

 昨年、カンボジアの雨期は異常気象と言えるほどの降雨量でした。
 豊かな大地が支援する村々でも苗床が壊滅状態になり、農業訓練が滞ったり、また 雨期が長かったために、工事に遅れが出たりと、支援活動にも大変な支障をきたしま した。
 現在、やっと天候が安定してきています。
 そこで滞っていたプレイピール村での小学校建設が、3月の開校に向けて急ピッチ で進められています。その他、道路やため池の建設なども同様です。
 また、本来であればフィールドディを行って終了する農業訓練ですが、今年は稲作 の訓練をやり直したため、現在もそのフォローアップが続いています。村人たちと 農業局のトレーナーは、引き続き稲作の訓練を行っています。
  続きを読む

2012年12月26日

フィールドディ(収穫祭)が行われました!

 カンボジアでは、農作物の収穫の季節を迎えています。
 しかし今年は天候不順のため、農業訓練が難航した年でもありました。稲作のみならず、家庭菜園の訓練でも被害が出るなどしましたが、ようやく実りの季節を迎えることができました。
今回は、農業訓練を行っている村の中から、今年初めて稲作の訓練に挑んだトムノッタクン村からフィールドディ(収穫祭)の様子をお届けします!  続きを読む

2012年10月29日

プレイピール村小学校建設工事進捗状況!

バッタンバン州プレイピール村では、木切れで作った、村人の手作りの学校で子どもたちが勉強しています。 学年は低学年のみ。学校が小さいので、高学年の子どもたちは隣村の学校まで通っていました。
そこで村人たちの希望により、この村に新しく小学校が建設されることになりました。
  続きを読む

2012年10月03日

豊かな大地カンボジア事務所に看板がつきました!

豊かな大地のカンボジア事務所は、閑静な住宅街の中にあります。
その事務所に、素敵な看板がつきました!
法人会員である株式会社鎌田製作所様が当団体のために製作してくださった、イラスト入りの素敵な金色の看板です。
金属製の板に、当団体のHPのバナーを彫りこんでくださいました。
ずっと名無しだったカンボジア事務所ですが、これでようやく事務所らしくなりました!

株式会社鎌田製作所様、どうもありがとうございました!  続きを読む

2012年07月06日

平和学習 in ドバイ!

 日頃から大変お世話になっている日立建機中東会社様にて、社会科見学が行われました!
その際に、当団体の活動のご紹介いただき、また当団体よりお持ちになった模型の地雷を使って、地雷の恐ろしさや平和の大切さをドバイの子どもたちと一緒に考えていらっしゃいました。
 このたびの社会科見学、少しだけですがお手伝いできて大変光栄です。
 日立建機中東会社の皆様、社会貢献活動頑張ってください!   続きを読む

2012年06月06日

引渡し後の活動予定

 農道は完成し、村民に引渡も無事に終わりました。しかし、これで終わりではあり ません。支援は「道路を作って、ハイ終わり」ではないのです。今後も様々な形での支援が続けられていきます。  続きを読む

2012年06月06日

道路引き渡しセレモニーの様子

 2012年5月22日、コクチョー村、アンドックドルモイ村を貫く農道の、住民への引 渡式が盛大に行われました。  続きを読む

2012年06月06日

NGO連携無償資金協力による農道建設が終了しました!

 かねてより建設しておりました外務省「日本NGO連携無償資金協力」(N連)による農道建設の全ての工程(村民に対する道路維持管理セミナー開催を含む)が終了いたしましたことをご報告いたします。

  続きを読む

2012年05月10日

NGO連携無償資金協力:道路工事進捗状況【続報!】

NGO連携無償資金協力の支援を受けて、現在工事が進められているラタナックモンドル郡の農道建設の進捗状況についてお知らせいたします。   続きを読む

2012年03月29日

NGO連携無償資金協力:道路工事進捗状況について

 NGO連携無償資金協力の支援を受けて、現在工事が進められているラタナックモンドル郡の農道建設の進捗状況についてお知らせいたします。   続きを読む

2012年02月27日

ルセイロ小学校への素敵なお客様!

当団体が建設し、その後村人が管理しているルセイロ小学校。現在も約300人の生徒が通う学校です。
そこに、日本から素敵なお客様がいらっしゃいました!
2月14日、元・全日本サッカー選手の北澤豪(きたざわつよし)さんです!
北澤さんはこれまでもサッカーを通じて国際交流事業を行っており、カンボジアにも数回足を運ばれてるとのことです。
今回は「元地雷原に住む子どもたちとの交流を行う」ということで、当団体のカウンターパートナーであるカンボジア地雷対策センターとJICAのアレンジの元、ルセイロ村を訪問されました。
サッカーに興味がある方が、元地雷原に住む人々の生活に興味を持って頂ければと思います。

(写真は全てカンボジア地雷対策センター:チャン・ソンバー氏撮影・提供)   続きを読む

2012年01月27日

日本NGO「日本NGO連携無償資金協力」からの資金供与

「日本NGO連携無償資金協力」(通称「N連」からの資金供与が受けられることになりました!
N連は、日本のNGO が開発途上国・地域で行う経済社会開発事業に外務省が資金協力を行う制度です。
N連の審査では、過去の実績・計画実行の確実性・住民の参加意識などが厳しく問われます。
今回、N連の資金供与が受けられることとなりましたのは、これまでの活動に一定の評価が与えられたものと思います。
これもひとえに、常日頃よりの皆様のご支援の賜物です。ありがとうございます!  続きを読む

2011年12月26日

新規3村における稲作農業訓練が終了しました!

本年度からバッタンバン州にて新しく3つの村で支援活動を始めましたことはご報告いたしました。
さまざまな要望が村人から出されていましたが、まずは生活の根幹となる稲作の農業訓練からスタートいたしました。
しかし、不安要素を抱えての出発であったことは否めません。村人たちはお互いの顔をほとんど知らず、また農業訓練というものに参加したことがありませんでした。継続的に参加できなければ、せっかくの訓練も無駄になってしまうからです。
また今年は異常気象のため、カンボジア各地で洪水が起こり、その影響も懸念されました。
それらの困難を乗り越えての収穫となりました!  続きを読む

2011年09月20日

バベル郡新規3村での農業訓練

本年度から新規に支援を始めたバベル郡のプレイピール村、トムノッタクン村、トゥールスヌル村では稲作の農業訓練が始まりました。
しかし、同じバッタンバン州でも干ばつが続いたり、他の場所では洪水状態になったりと、非常に天候が不順です。
こういった極端な天候も、カンボジアではよくあることなのです。乾季には雨はほとんど降らず、雨季には洪水を引き起こし農作物だけでなく、人々の 生活を脅かしています。そのため、水路やため池のような水利の整備が急がれるのです。
さて今回は、田植えの様子をご紹介します。
  続きを読む

2011年09月20日

ラタナックモンドル郡でのフィールドディが開催されました!

昨年度まで支援を行っていたラタナックモンドル郡の3つの村。
先月お伝えしましたように、追加の農業訓練の要望が強く、養鶏と野菜栽培の農業訓練がフォローアップとして行われてきました。
先日、野菜栽培の訓練が無事終了しました。訓練が終了すると、訓練に参加した人々が収穫を喜びあい、成果確認をする収穫祭「フィールドディ」が行われます。
村人たちはもちろん、PDA(バッタンバン州農業局)のトレーナー、そして私たち「豊かな大地」もとても楽しみにしている日です。
  続きを読む

2011年08月24日

活動終了地域でのフォローアップ

「豊かな大地」がカンボジアで活動を始めて5年目に入りました
主な支援活動が終わった地域や村も出てきましたが、「支援プログラムが終わったから終了」というわけではありません。
支援活動終了後も時折訪れて、農業訓練が村人の生活向上に役立っているか、建設した学校やため池がちゃんと管理されているかなど、行った支援が活かされているかどうかを確認します。
何か問題があった時は、アドバイスを行ったり、時にはフォローアップとして解決策を村人と相談していきます。
また活動が円滑に進むように、CMAC(カンボジア地雷対策センター)やPDRD(バッタンバン州地方開発局)と連携して行っていきます。  続きを読む

2011年07月27日

新規プロジェクト:スラッパン村からプレイピール村への道路建設

先月は、今年度より始まった新しいプロジェクト、プレイピール村、トゥ―ルスヌル村・トムノッタクン村での農業訓練の様子をお伝えしました。
この3村には、今まで道路状況が悪く、アクセスが難しかったためNGO/NPOの支援の手が届かない場所でした。
今回、初めて農業訓練や村道建設を行うことができるようになり、また他のNGOなどもマラリア予防用の蚊帳の配布などを始めたようです。
米の出荷や買い物、病院などの生活や経済活動だけでなく、支援の手が届くかどうかも、村道整備の重要な役割のひとつなのです。
今回は、村道建設の様子をお伝えいたします。  続きを読む

2011年07月05日

新規3村での農業訓練とラタナックモンドル郡でのフォローアップの様子

昨年度に引き続きラタナックモンドル郡にて農業訓練のフォローアップを行っています。それに加え、本年度より新規に活動を開始した3つの村があります。初年度の活動地であったスラッパン村の近く、バベル郡にあります。
この3村の名前は
・プレイピール村
・トゥ―ルスヌル村
・トムノッタクン村
です。もともと水はけがよいため、きちんとした農業の知識と環境が整備されれば、住民の生活向上が期待されている地域です。   続きを読む

2011年05月26日

ラタナックモンドル郡で1.7kmの村道が完成しました!

ラタナックモンドル郡で、ラテライト舗装を施した1.7kmの村道が完成しました。これにより、雨季でも通行が容易になるほか、近隣の農家が野菜や農作物を出荷しやすくなります。  続きを読む

2011年04月25日

農業訓練が始まりました!

本来であれば、まだ乾季なのですが、今年は雨季が早くやってきそうです。
早々に雨が降り始め、当団体で建設したため池に既に水がたまり始めています。昨年と同じように豊作の年になるといいですね!


雨が早く降り始めたため、当団体でも道路やため池建設など重機を使用する工事をいそいで行わなければなりませんでした。
ラタナックモンドル郡では当初計画通り7基のため池を建設し終わりました。。
次は、これらを活用しての農業の季節の始まりです!  続きを読む

2011年02月28日

スラッパン村での村道整備が完了しました!

当団体が活動を始めた原点とも言える、スラッパン村。 活動を他の地域に移してからも、住人達の生活を見守ってきました。 その中で出てきた要望が、今回の「村道のラテライト舗装」でした。  続きを読む

2011年01月27日

活動地域でのため池建設が始まりました!

活動地域でのため池建設が始まりました! カンボジアは平坦な地形のために、治水を行うのが非常に困難です。そのため、生活用水や農業用水は雨水に頼るしかなく、それも個人レベルで行ってきたため、水へのアクセスが非常に悪かったのです。 ため池を作ることによって、水へのアクセスが便利になり、生活はもちろん農作物の収量にも良い影響が出ることでしょう!  続きを読む

2010年07月16日

農業技術訓練【養鶏】

本年度の訓練科目として『養鶏』も実施しています。

従来から農家が鶏を飼うのはひろく行われていますが、農家が自宅付近で放し飼いにしているケースが多いようです。そのために、厳しい環境での『放し飼い』が殆どなので、鶏が病気になったり他の動物に襲われたりすることが頻発していると聞きます。

PDAの農業トレーニングでは、病害に対する予防に関する説明から始まり、きちんと鶏小屋を作り管理された環境での飼育、更に衛生的に準備した餌の与え方などについて学んでもらいます。   続きを読む

2010年07月02日

家庭菜園技術指導

6月24日付けのメルマガ第2号でもお伝えしていますが、現在ラタナックモンドル郡3村で家庭菜園技術指導を実施しています。
これはあまり積極的に野菜摂取をしない農村の人たちに野菜作りを実践してもらい、自分たちの日常の消費に供してもらおうというものです。
農業指導は、受講者30人を1グループとして実施しています。PDAに受講1グループに対して2名の講師を派遣してお願いしています。   続きを読む

2010年06月18日

地雷原跡地240haでの本年度事業

ラタナックモンドル郡3村で4月から 農業指導(家庭菜園、養鶏、果樹栽培)が行われていることは報告した通りです。一方、昨年「田起こし」を実施した240 haの土地での本年度のハード案件については、【農道】と【農業用溜池】を計画しています。   続きを読む

2010年05月28日

ルセイロ集落の村道工事が完了しました。

2月5日、3月5日の報告でお伝えしていたルセイロ村道の工事が、4月初めに終わりました。
雨季が次第に近づいており、実施した道路工事の効果のほどが待たれます。

尚、豊かな大地が2008年度に実施した小学校建設他の支援活動がある意味では呼び水になり、まだまだ広範囲に残っていた埋設地雷を抱える同地域で、本年初頭より日本政府のプロジェクトが始まりました。3年前には陸の孤島のようなルセイロ集落でしたが、村民の生活環境も少しずつ改善されてゆくものと期待しています。

同地区での豊かな大地の支援プロジェクトの実施は、取りあえず様子見となりますが、今後は雨季の最中でも集落を訪問することが可能になりますので、村の変化の状況や村民の暮らしの様子を皆さんにお伝えすることも可能になるでしょう。   続きを読む

2010年05月14日

2010年度の現地事業

早いもので ラタナックモンドル郡の3村 での支援を開始して満1年が経過しました。
昨年度実施した240haの地雷原跡地の「田起こし」と「農業技術指導」は、村民に大変喜ばれたと思います。
今年も引き続き同地区で農業技術指導と村道の建設、溜池の建設などを実施してゆく予定です。   続きを読む