ニュース

生徒の皆さんのお気持ちが、カンボジアの小学校に伝わりました

2017年02月27日

豊かな大地(GEJ)では、昨年10月に東京のお台場センタープロムナードで開かれたグローバル
フェスタJAPAN 2016への出展時、ブースに訪問を受けた事が縁で、2月1日にGEJ東京事務所に
東京女学館中学校の生徒10名の来訪を頂きました。
同校の3年A組1班とF組5班の夫々5名の生徒さん達が社会貢献学習の一環で、NPO活動等を
学習していましたが、GEJのカンボジアでの地雷除去後の土地で暮らす農民達の自立支援活動や
その背景等に興味を持って頂き、その詳細を深く知りたいとの事で、その訪問が実現しました。
その説明会では、活発な質問・意見も出され、現地の農民達・子どもたちがまだまだ発展途上の環境下で支援を受けながら元気に暮らしている実態に感動し、その後の同校での学習の纏めの発表会でも支援の大切さを訴えて頂いたとの事です。

生徒の皆さんが説明会で、“おこづかいからです”と手渡して頂いた温かいご寄附を基に、他の支援者の方々からのご寄附等とを合わせて、GEJが支援する村の学校の一つであるカンボジア北西部のバッタンバン州に有る全校生徒60数名のスラッパン小学校の児童生徒に読本やノート、鉛筆そして教材ポスター等を配布する事が出来ました。

東京女学館中学校、3年A組1班とF組5班の皆さん、有難うございました。
皆さんのお心使いが、支援の輪を大きくしました。












昨年10月のグローバルフェスタのブース訪問です   2月1日の説明会です。 真剣に見て・聴いて
                                 頂きました












2月24日 学用品を届けました             東京女学館中学校の皆さん有難うございます