ニュース

カンボジアで「対人地雷地雷禁止条約」批准国国際会議が開催されました!

2011年12月26日

「対人地雷禁止条約」または「オタワ条約」と呼ばれる「対人地雷の使用、貯蔵、生産及び移譲の禁止並びに廃棄に関する条約」は1997年、カナダのオタワで誕生しました。
日本も同年に署名しました。残念ながら未だ批准していない大国も多いですが、地雷廃絶に向け2000年から批准国会議が行われてきました。
今回はカンボジアでの開催です!

カンボジアで「対人地雷地雷禁止条約」批准国国際会議が開催されました!

カンボジアの首都、プノンペンで「対人地雷禁止条約」批准国国際会議が開催されました。
これに伴って、カンボジア国内で活動するNGOや各国機関がそれぞれの活動を紹介するサイドイベントが開かれました。場所はプノンペン市内にある旧鉄道駅構内です。
ここでは、カンボジア国内で活躍するCMAC(カンボジア地雷対策センター)や地雷除去機、各NGOの活動報告が展示されました。
国を挙げての大イベントに当団体も出展しました。その様子は次号お伝えするとして、今回は会場の雰囲気を皆様にお届けします!

地雷除去機展示

地雷除去機は鉄道駅の線路側に展示されました。
この地雷除去機によって除去のスピードが格段に上がったのはもちろん、地雷除去の際に最も危険とされる植生除去(地雷原に生えている木や灌木を伐採していく作業)を 除去機が行うことによって事故に遭う除去員の数が大幅に減りました。
各国の重機メーカーが地雷除去機を製作していますが、ここカンボジアでは日本製が圧倒的な台数が活躍しています!

歌と踊りのオープニングセレモニー!

カンボジアの人々は、歌と踊りが大好き!写真はオープニングセレモニーのラスト、ステージ上の様子です。
サイドイベントに参加している人々もステージ上に上り、一緒になって歌って踊ってのにぎやかなオープニングとなりました。
よーく探してみると「GEJ」のロゴが入ったTシャツを着ている人がいます。探してみてください!