活動報告

スラッパン村スラッパンコミュニティに井戸6基を設置しました。【動画が見れます】

2008年03月11日

2008年2月、GEJはスラッパンコミュニティにポンプ井戸6基を設置するため工事を開始しました。井戸6基はすでに完成し、3月19日に引き渡し式を行う予定です。

安全な水へのアクセス

健康な生活のためには、「安全な水へのアクセス」が必要です。しかし、スラッパンコミュニティには、井戸が2基しかなく、すべての住民が安全な水を使用することができるわけではありません。
住民の多くは沼のようなところの濁った水や、雨水を大きな甕(かめ)に貯めたものを料理や飲料に使用しています。
GEJは、住民の健康な生活および生活再建支援のため、井戸を設置することにしました。井戸の数、場所は住民と話し合って決められたもので、これですべての村の人が安全な水にアクセスできるようになります。
動画は、井戸設置の様子です。はじめは濁った水を汲む、スラッパン村の子ども、そして井戸工事の状況です。音声が出ますので、御留意ください。