活動報告

農民が道路補修を自分たちの手で

2016年07月19日

7月15日、ラタナックモンドル郡のアンドック村、コクチョウ村、そしてバベル郡の スラッパン村、トムナッタクン村では、農民たちが道路の補修工事に汗を流しました。

道路は、雨による水溜り・崩壊、車や人の通行による轍やでこぼこが発生しやすく、補修等による維持管理が必須です。

今回、これらの村々では、本格的な雨季の到来を控えて損傷が大きくなる前に補修してしまおうと、以前GEJ、PDRD (バッタンバン州開発局、Provincial Department of Rural Development)とCMAC(カンボジア地雷対策センター、Cambodian Mine Action Centre)が、農民たちに対して実施した補修方法訓練を思い出しながら、彼ら自らの手で、補修作業をしました。

GEJは、補修用ラテライト材の供給、並びに補修の立会と補修後の状況確認を実施しました。












轍で路面がデコボコに                    路肩辺りに穴が












ここにも                             ここにも










補修用ラテライト材の到着です               補修準備ができました










損傷部分を削りラテライトを敷きます            皆、頑張っています










締め固め前に散水します                   締め固め機で締め固めます












補修工事完了です                       どうですか、できばえは?