活動報告

“養鶏”訓練のテストを実施   オータコン村

2016年08月02日

オータコン村では、5月19日に“養鶏”訓練が開始されましたが、その後9回に渡り、PDA(Provincial Department of Agriculture, バッタンバン州農業局) の指導員が出向き講義と実地の訓練を行って来ました。

今回その纏めとして、7月26日、GEJ(Good Earth Japan, 豊かな大地)の現地スタッフ立ち会いのもとに、 “養鶏”訓練を受講した農民を対象に、訓練の理解度確認テストを実施しました。
筆記試験による、清潔で良い鶏舎の作り方とその保守、栄養価を考えた餌の作り方及び病気から鶏を護るワクチン投与のタイミングと接種方法など、此れまでに行った訓練の理解度の測定をしました。

その後、受講者全員で、“養鶏”訓練のモデル農家を訪問し、その農家が最近造ったヒナ鳥と成鳥用の鶏舎の状況を見学しました。

GEJとPDAは、テストの結果を基に指導方法の改善と、今後実施するフォローアップ指導活動などに反映して行きます。












終了テスト中です                       此れまでの指導を思い出しながら・・・












ヒナ鳥用のケージです                    成鳥用の鶏舎です。流石にモデル農家!












塀には、高い網が張ってあります