活動報告

(NEW) 見ると聞くとは大違い! 非常に有意義で、大変楽しい旅でした。 GEJ スタデイツアー

2016年08月23日

今年も、GEJ(Good-Earth-Japan, 豊かな大地)主催のカンボジア スタデイツアーが実施されました。
中部空港出発・ホーチミン空港合流の方を含め総勢12名で8月6日に日本を出発しました。
カンボジアの残された地雷・不発弾と残虐非道の殺戮など負の遺産を学び、GEJの同地での地雷除去後の土地に住んでいる農民の自立を支援する取り組みを体験し、更に正の遺産であるアンコールワット等の世界遺産なども見学して、13日早朝に全員無事帰国しました。

ツアー報告第一弾は、先ず集合写真を中心に、ダイジェスト版でその状況を紹介します。
この後、個々のトピックを、日めくりで6回に分けて報告しますので、楽しみにお待ちください。

今回は、雨にも合わず灼熱の空の下での行動でしたが、GEJの現地スタッフ・その家族、
CMAC(カンボジア地雷対策センタ)、PDA(バッタンバン州農業局)その他の皆さんの協力を得て、
全員元気に現地の状況の理解に努め、子供・農民達とも触れ合い、有意義な旅が出来ました。

8月6日(土)
成田空港と中部空港から各々出発し、ベトナムのホーチミン空港で全員合流した後、カンボジアの
プノンペンへ向かいました。
















成田空港 出発組です

8月7日(日)
活動の第一日目です。
キリングフィールド、つばさ橋、王宮などの見学から始まりました。
カンボジアの負の遺産を深く胸に刻みつけ、まだまだ続く日本の支援の状況をつばさ橋や JICAのODAマップ等から学びました。 王宮は、素晴らしかったです。











キリングフィールドです。  流石に集合写真は。。。。。











駐車禁止のつばさ橋の上ですが。。。          王宮が大きすぎて、人物が小さくなりました

8月8日(月)
この日は、GEJ プノンペン事務所を訪問し副事務所長のソンバーさんからGEJの現地活動の説明を受けた後、CMAC(カンボジア地雷処理センタ)本部を訪問し地雷・不発弾等の展示物見学とCMACの活動説明を受けました。
GEJも発足後10年、カンボジアの地雷除去後の土地に住んでいる農民の自立支援に頑張っています。
CMACによると、これも負の遺産の地雷・不発弾がカンボジアの国土にまだまだ沢山 埋まっているそうです。

その後、ソンバ―さんの奥さんが経営されているサンタカフェで昼食をとり、バスで一路バッタンバン市へ向いました。










GEJ プノンペン事務所で活動説明をソンバ―さんから受けました











CMAC本部, 地雷・不発弾の現物見学・プレゼンの後、ラタナ長官を囲んで

8月9日(火)
ブオサンクレ村での農業祭に参加しました。
約270人の農民達が集まり、地区、村、PDA、CMAC、GEJ等の代表者らのスピーチと 品評会・
表彰式等及び日本の味の提供などがありました。
詳しくは、後日に報告しますが、ツアー参加者皆さんは、暑い中で目が回るほどの忙しさでした。
でも、のり巻き、いなり寿しとホットドックは、農民の皆さんに喜んで貰いました。

その後、近くのGEJが支援する“家庭菜園”訓練のモデル菜園を見学してホテルに戻りました。











カンボジア・日本両国の国歌が流れました。      壇上には、地区・CMAC・PDA・GEJ等の代表が











ツアー参加者による、いなり寿し、のり巻きとホットドック作りです。 配給には、長蛇の列が出来ました

8月10日(水)
ルセイロ村のキーゼル小学校でNACEF(日本赤十字看護大学学生)による衛生教育の
お手伝いをしながら生徒達と親交を深めました。

その後、オータコン村でGEJが支援し建設中の道路やため池を見学し、ボーサンポー村で炎天下での“きのこ栽培”訓練を体験しました。











ツアー参加メンバーも“けが人”役で参画しました    ソンバーさんの躾け教育も有りました











オータコン村で、GEJ道路工事とため池を見学     此れまでの干ばつが嘘の様でした











ボーサンポ―村で露地きのこ栽培訓練の菌床作り作業に参加しました。 暑かった。。。。

8月11日(木)
トウールスヌル村近くの地雷処理現場見学と体験をし、その後シュムリアップ市でトンレサップ湖の
クルージングをしました。

3Kに劣らない、危険で、酷暑の中での重労働そして給料が安い地雷処理作業者のなり手が非常に
少ないとか。女性(21才)の探査作業者も働いていました。
 一言、 命を掛けた非常に大変な仕事です。

トンレサップ湖では、“海”かと見間違う程の大きな湖の一部を涼風を受けて、
クルージングをしました。











重い防護服・ヘルメットを着て地雷探査体験をしました











地雷処理機の前で                     対戦車地雷の爆破処理にも立ち会いました











クルージングで汗も引きました

8月12日(金)
今日は、待ちに待ったアンコールワット遺跡群の見学です。

観光客でごった返すアンコールワット、バイヨン、タ・プロームを観ました。

オールドマーケットに立ち寄った後、ホテルでシャワーを浴びて、いよいよベトナムのハノイ経由
帰国の途につきました。












逆さアンコールワットの前です。               第三回廊の急階段を恐々降りました。











           バイヨンと樹の根で覆われたタ・プロームで

8月13日(土)
カンボジアのシェムリアップ空港を夜に出て深夜のベトナムのハノイ空港を 経由して成田空港と中部空港へ向かいました。

皆、元気でそして無事に旅を終える事が出来ました。

















ハノイ空港で。 疲れも見せずに旅の最後の集合写真です。