活動報告

聞きしに勝り、地雷除去作業は大変な仕事でした      GEJスタディツアー No.6

2016年09月15日

8月11日(木)
今日のメインイベントは、普通の観光ツアーでは恐らく出来ない、CMACの地雷除去作業現場の見学でした。
地雷除去作業の大変さを目の当たりに見学した後、一路シュムリアップのトンレサップ湖へ向い、
湖(海です!)でクルージングを楽しみました。
その後、ホテルにチェックインしてシャワーで汗を流してから、ホテル近くのレストランで民族舞踊
アプサラダンスを楽しみながらビュッフェと冷たい飲み物を楽しみました。
夕食の後、日本への一寸した土産物を求めにナイトマーケットへ繰り出しました。

・地雷除去作業見学
幸いにも、ツアーメンバーに強力な“晴れ女”がいらっしゃり、作業現場へは、CMACが用意した悪路用の人員運搬用トラックのお世話にならずにすみました。(でも、それも良い経験だったかも。。。。)
実際の対人地雷が埋まっているのを間近に見て、間違って爆発したらどうしようと怖かったですが、
それを探査する方々の危険と背中合わせで酷暑の中での重労働に頭が下がる思いをしました。
対戦車地雷の爆破除去作業にも立ち会いましたが、その迫力に驚かされました。

現在判明している地雷埋蔵地域の処理だけでも2025年迄かかるとのことでしたが、未調査の地域を含めて、早く地雷・不発弾の無い、安全・安心な生活が出来るようになると良いですね。










地雷探査作業の見学中です                21才の女性探査員です。 探査器調整中











探査器を持ってみました。 ずっしりとした重みです。防護服と合わせると20kg近くに!











地雷の発見?                         対人地雷が埋まっていました











対戦車地雷の爆破処理中です              100m以上先で爆発しました











地雷処理機も活躍中です 地雷処理効率が大幅にアップ  探査員の運搬用トラックです

・昼食@レッドチリ―レストラン
地雷処理現場からシェムリアップへ向かう途中の街で、昼食をとりました。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                  バンブーライスの説明中です

・トンレサップ湖クルージング
シェムリアップ市のトンレサップ湖畔からボートに乗り、涼風を受けながらクルージングを楽しみました。
ベトナム人の水上生活者が沢山いて湖で漁業に従事していました。 因みに、この湖は、下って行くと
メコン川でベトナムに繋がっています。












水上生活者の小学校です                  海かと見間違う広さです











ツアー参加者の雄姿です











水上生活者が野菜を購っていました

・夕食@クーレンII レストラン
バイキングの食事と民族舞踊アプサラダンスを楽しみました。










舞台に昇る初動が早く、GEJツアーメンバー全員が良い撮影環境を確保しました











・・・・・・・・・・・・

・ナイトマーケット
食事の後、トゥクトゥクに分乗してナイトマーケットで土産物の買い入れと値切り交渉の訓練に繰り出しました。










トゥクトゥク試乗                        ナイトマーケットのネオンサインです











値段の交渉に余念がありません