活動報告

“ヒナ鳥”が来ました             養鶏訓練

2016年10月13日

10月6日、プノンコポス村では、養鶏訓練開始後2年目のフォローアップ期間が終わり、 終了式が
行われました。
此れまで、良い鶏舎や餌の作り方、ワクチン投与の方法等のフォローアップ指導をしてきましたが、
その訓練が終わり、今回は26農家に夫々6羽の“ヒナ鳥”が支給されました。
鶏やその卵は、農家の貴重なタンパク源であり、上手に育てると市場へ出すことも可能となり、
一つの収入源となります。
元気に育って、早く数が増えると良いですね。

GEJは、養鶏訓練を含む農業訓練を通じて、カンボジアの地雷除去後の土地に住む農民達の
自立支援を行っています。












“ヒナ鳥”支給前の終了式です              支給した“ヒナ鳥”です。窮屈そうですね。












さあ、上手く育てるぞ!