活動報告

「ハト麦」の第二次試験栽培の成功を祈っています

2016年10月27日

豊かな大地(Good Earth Japan,GEJ)は、カンボジアの地雷除去後の土地に住む農民が
自立出来るように、農民の新たな収入源となり得る穀物栽培に挑戦しています。
日本でも有数の穀物食品会社、「株式会社 はくばく」様の意向を踏まえ、本年3月から スラッパン村の農家で「ハト麦」の試験栽培を実施しています。

4月に開始した第一次の試験栽培は、例年に見ないカンボジアの大干ばつにより、 「ハト麦」の実が「しいな」(実の中身が全く無い)状態になってしまい残念ながら不調に終わりました。

その後、当初より計画されていた第二次の試験栽培を、その成功を期して雨季に入った9月より開始しました。
今次は、降水も有り、蒔いた種は発芽も良く、今のところ順調に成長しています。
GEJは、その成長と実の結実に大いに期待して試験栽培農家のピエンさんを応援しています。










9月1日 畝作り                       9月6日 種蒔き

 










9月16日 発芽状況                    10月6日 成長過程










                 10月26日 順調に育ってきています