活動報告

もう暫く待って下さい

2016年12月06日

豊かな大地(GEJ)が進めている、カンボジア北西部のバンタンバン州にある、ボーサンポー村の
1.2Kmのアース農道ラテライト化とため池1基の建設、及びチロック村のため池1基の建設が
始まりました。

ボーサンポー村のため池は、現在ある小さく浅いため池2基をくっ付けて大きくして、村民120世帯・444人の農業・生活用水を賄う予定ですが、これまで使っていた小さな池をつぶしての作業となり、
完成が急がれています。
12月3日の報告では、工事を請け負ったCMAC(カンボジア地雷対策センター)のショベルがフル
稼働して、掘削作業・法面作業が終わり、水汲み用の階段も設置されました。 長さ59mx幅37mx
深さ4mの大きなため池がほぼ完成です。










9月 左右二つの小さな池を一つの池に集約      11月26日 ショベルがフル稼働中










11月26日 計画の大きさに掘られてきました    12月3日  階段も設置、もう少しで完成です

一方、チロック村でも、ため池造成予定地の稲の刈り取りが終わり、掘削工事が始まりました。










9月 ため池造成予定地

            12月3日 掘削工事開始

GEJは、これからも、これらの工事が遅滞なく完全に実施されるように、進捗に注意を払って
行きます。
GEJは、カンボジアの地雷除去後の土地に住んでいる農民達の生活向上と自立支援の為に
道路整備或いは生活・灌漑用水の確保の為のため池造成などのインフラ整備を進めています。