活動報告

有難う! これで雨の日も通行が楽になります

2017年02月01日

豊かな大地(GEJ)が支援している、カンボジア北西部のバッタンバン州にある、ボーサンポー村の1.2Kmのアース農道ラテライト化とため池1基の建設、及びチロック村のため池1基の建設は、
昨年11月に始まりました。
ボーサンポー村とチロック村のため池は、それぞれ12月中旬と本年1月初めに完成しましたが、
ボーサンポー村のアース農道ラテライト舗装(*1)は、カルバート(*2)設置後のラテライト敷設機材
の遅れにより完成が若干延びていましたが、全体の工事が終了したとの報告が、寄せられました。

これで雨の時やその後に難渋したぬかるみや水溜りも無くなり、農作業への行き来などに通行し易くなったと、農民たちも喜んでいます。 GEJの支援者の皆さん、有難うございます。
加えて、農民達は、工事着手前に宣言した、自分達の手でこの道路の維持管理をする事に決意を
新たにしています。

GEJは、カンボジアの地雷除去後の土地に住んでいる農民達の生活向上と自立支援の為に道路
整備或いは生活・灌漑用水の確保の為のため池造成などのインフラ整備も進めています。

*1 ラテライト舗装
  ラテライトは、紅土ともいわれ、カンボジアなどの熱帯に分布し、アンコールワットの建築石材にも
  使われています。鉄分を多く含み、固めて乾かすと日干しレンガにもなります。ラテライト舗装も
  長期的に使用できるわけではなく、雨が降ったままにしておくと、道に穴が開いた状態で固まって
  しまいます。特に雨季にはメンテナンスが欠かせませんが、一般土で作ったアース道路よりは、
  水はけも良く、長持ちします。

*2 カルバート
  用水や、排水のための水路が道路、鉄道、堤防などの下に埋設されたもので、陶管、鉄筋
  コンクリート管、工事現場で造った石組や鉄筋コンクリート製のものがあります。

1.ボーサンポー村









ラテライト敷設前のアース農道です            カルバートの設置工事中です










ラテライトの敷設が終わりました










                  完成したボーサンポー村のため池です

2.チロック村









                     完成したチロック村のため池です