活動報告

先生、早く教育に専念出来ると良いですね

2017年05月08日

豊かな大地(GEJ)が支援するカンボジア、バッタンバン州のプラホップ村村民からの強い要望で、
同村の小学校の教員が住み・生活する為の教員宿舎の建設が、同小学校の脇にGEJの手で
始められました。
この小学校は、スペインのNPO“SPI”の資金により2010年に建設されましが、そのNPOは、5年前にカンボジアから撤退してしまいました。
同地の交通の便が非常に悪く通勤も困難な為、教室の一室を先生たちが宿舎兼事務所として占有していました。
教室の開放と教員の生活改善の為、数年前よりGEJに教員宿舎の建設要請が有りましたが、
今回蠧立建機ティエラ等の日立建機(株)グループ会社の寄付金を原資に、その建設計画が
具体化したものです。

宿舎建設用の資材も殆ど搬入され、暑い中、工事が着々と進められています。
早く宿舎が完成し、先生たちに快適な生活環境が確保されて、教育に専念出来る様になると
良いですね。

GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの自立支援の為、農業訓練による農業技術の普及・改善、道路整備やため池造成などの生活環境改善に加えて、子供たちの教育充実にも力を
入れています。


ベッド、簡単な調理用具、テーブル等が
置かれて先生たちの宿舎と事務所にされた
教室です


















基礎用の骨材が搬入されました               壁用のブロックも












                    工事は、順調に進んでいます