活動報告

ボーサンポー村のため池2基目が完成しました

2017年06月01日

今年度の豊かな大地(GEJ)の予算でボーサンポー村にGEJの2基目のため池(30m x60m x4m深さ)の工事が本格的な雨季前の完成を目指して進められていましたが、ほぼその工事が終わり
ました。
ボーサンポー村は、カンピンプオイ人造湖の南方に位置するものの水の便が非常に悪い所で、村も広い為、昨年末に完成したGEJため池1基だけでは不充分と、2基目の造成が強く求められて
いました。 
2基目は、1基目から約2.5Km離れた所に出来ましたが、周辺の農民からは、非常に利便性が高くなったと喜ばれています。
尚、このため池はカンボジア地雷対策センター(CMAC)により施工されましたが、施工管理を依頼しているバッタンバン地方開発局(PDRD)の担当が都度工事現場に入り工事指導を実施しました。












5月4日、 造成工事開始直後                5月12日、 造成工事中











                          5月23日、 ほぼ完成しました




参考: これで、この様な水運びの大変さが
    軽減されます