活動報告

私でも出来ます!       養鶏訓練

2017年06月08日

豊かな大地(GEJ)が支援する、カンボジア、バッタンバン州の地雷除去後の土地に住む農民を
対象にした養鶏訓練及びフォローアップ訓練は、5月初旬から9ヵ村で始められています。
その後、此所彼所の村々で、GEJとバッタンバン州農業局(PDA)との間で策定された訓練計画に
沿って具体的な訓練が実施されています。
5月下旬から6月初旬に掛けては、PDAの指導員が鶏を病気から守る為のワクチンの点眼と皮下
注射の方法の指導の為、村々を巡回しています。
農民たちは、これまで我流で鶏を育てていましたが、その飼育に病気対策は殆ど実施していなかった為に、病気で多くの鶏を亡くしていました。 その改善の為の訓練ですが、農民の殆どが注射器を
持った事も無く、皆、恐々実習を受けていました。

鶏が、病気もせずに元気に育つようになると良いですね。

GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの自立支援の為、養鶏訓練を含む農業訓練による
農業技術の普及・改善等の他、道路整備やため池造成などの生活環境改善にも力を入れています。

コースバイ村









先ずは、その必要性と効果、接種方法の説明を受けて、  実際に注射をしました。 でも、痛そう!

ブオサンクレ村











                          点眼の実習中です












チャン(Chan Tra)さんです。 私も、初めて注射器を持ちました。 でも、何とか。 

アンロンスバイ村









指導員の説明中です                    点眼の実習中です

アンロンニャン村











28名の農民が集まりました                注射器や点眼器の取り扱いの説明です