活動報告

皆で、良い汗を流しました    道路補修作業 

2017年07月07日

6月21日、カンボジア北西部バッタンバン州のオータコン村で、2015年に豊かな大地(GEJ)が造成した3.4Kmのラテライト舗装道路に発生した道路表面損傷の修理作業が、村民の手で実施されました。
未ださほど深刻でない損傷ですが、雨季が本格化して損傷が大きくなる前に手を打とうと村民20名程が参加して、GEJ現地スタッフの細かな指導を受けて修理作業を実施しました。
道路メンテナンスの重要性と補修要領説明の後、GEJが支給した補修用具を使用して、 ステップ 
バイ ステップで補修指導と作業が行われ、今後、同じような道路の損傷が発生した場合にも即座に村民の手で対応が出来るようにしました。

GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの自立支援の為、農業訓練による農業技術の普及・改善等の他、道路整備やため池造成などの生活環境改善にも力を入れていますが、今回の道路
補修などの農民が出来る事は自分達で協力して対応する様に指導しています。












未だ、一寸の“くぼみ”ですが!              道路補修の重要性と補修要領の説明です












ステップ 1: 損傷部を掘り下げます           ステップ 2: 水を散布します












ステップ 3: 穴に土を充填します             ステップ 4: 突き固めます

 










ステップ 5: 表面にラテライト敷き突き固めます    ステップ 6: 補修部分が充分に固まるまで、
                                    車がその上を走らないよう目印をします












ステップ 7: 補修用具は、纏めて奇麗にして格納しました














皆で、満足感を味わいました