活動報告

ここでも道路の補修作業が行われました

2017年07月11日

6月末、バッタンバン州のアンドックドルモイ村とコクチョー村に跨る、豊かな大地(GEJ)が2012年に日本政府に申請し建設したN連道路(*1)に凸凹や穴と路肩の小崩壊などが発生し、村民が補修
作業を実施しました。
両村民は、此れまでに豊かな大地(GEJ)や州地方開発局(PDRD, Provincial Department of Rural Development)から補修要領の訓練と補修用具の支給を受けており、今回も手際よく彼ら自身の手で補修作業を完了させました。
雨季が本格化する前のこの時期、雨による道路の損傷拡大を避ける為に比較的軽傷段階での補修作業が、道路の維持管理の一環として行われています。

*1 N連=日本NGO連携無償資金協力のことです












N連道路です                          路肩が崩壊しています












穴が開いてしまいました












支給されたラテライト(*2)を運びます            ラテライトを敷いて固めます












作業も手慣れて来ています                路肩の小崩壊は、道路の法面も補修します













補修完了です。 補修部には、木の枝で目印をしました

*2  ラテライト=鉄とアルミニウムの水酸化物に富む土で、赤鉄鉱により赤色を呈し、
           紅土ともいいます。熱帯地方の地表部に薄く分布します。
           水の浸透が良くまた乾くと硬く固まりやすいため道路舗装材によく使われています。