活動報告

わー、凄いな!  私たちも頑張ろう!   家庭菜園訓練

2017年07月31日

7月23日、日曜日に、豊かな大地(GEJ)がバッタンバン州農業局(PDA)と実施している家庭菜園
訓練のプノンコポス、オータニアン及びオータコン各村の受講農民105名が訓練の締め括りと意識
高揚の為、バッタンバン市近郊タセ―村の野菜栽培成功農家を訪問しました。
成功農家のノブさん( Nob Nol)は、2003年に12m四方の土地で野菜を作り始め、今では 5,000屬糧地で、人を使い年に7〜8回の収穫をし、それらを市場に出荷しています。
彼によると、土壌の管理、良質の種子(乾季・雨季に適した)の確保及び適度の肥料と水やりが重要
との事ですが、最近は市場の価格・需要動向を見て他の農家が作らない野菜にも注力しているとの
事です。

訪問した農民たちは、その規模の大きさに圧倒されながらも、ノブさんの創業時の苦労話と栽培の
ノウハウ等を聴いて、自分達にも頑張ればチャンスが有ると意気を上げていました。

今回の3村の成功農家訪問で、GEJとPDAがバッタンバン州の元地雷原に有る7村の農民たちの
生活向上と自立支援の為に実施している本年度の農業訓練計画の一つである家庭菜園訓練は、略
終了となります。
GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの生活向上や自立支援の為、この家庭菜園訓練を含む農業訓練による農業技術の普及・改善等の他、道路整備やため池造成などの生活環境改善にも力を入れています。












規模の大きさに驚きながら集合場所へ          野菜畑を一望出来る場所で説明を待ちます












ノブさんです                        ノブさんの説明を、皆食い入る様に聞いていました












防虫(鳥)ネットで覆われた苗畑です           雑草採りをしていました












皆で集合写真を撮りました(全員が入りきれませんでした)