活動報告

「効率的な稲作技術」2

2008年05月29日

前の報告に続いて、「効率的な稲作技術」についてご報告します。

実地訓練


カンボジアは内戦のため、農業技術の伝承・発展がほとんどありませんでした。

そのため、田植えをしないで直接種モミをまいてしまう方も多くいます。
しかし、それはとても効率が悪い方法で、結局種モミにした大部分はロスとなってしまいます。
人にもよりますが、1ヘクタールに100kgもまいてしまう場合も。
また、等間隔に開けて稲を植えていくことは不可欠ですが、直播方式だとこれもできません。

そこで、まず田植えをしてもらうため苗床の作り方から伝授します。
写真は苗床づくりの実地訓練の様子。

大人たちが集まって何かやっていることに、子どもたちも興味津々。

たくさんの子どもたちが集まってきました。

「大地に実りを、子どもに笑顔を。」をスローガンに、 GEJは今年も邁進します!
みなさま、引き続きのご支援どうぞよろしくお願いいたします。