活動報告

子供たちの笑顔が心に残りました       カンボジアスタデイツアー No.5

2017年08月31日



















     GEJが支援する、カンボジアバッタンバン州の村々です

8月9日(水)
今日は、GEJがその校舎の建設にかかわった小学校2校やバッタンバン州農業局(PDA)と一緒に
元地雷原に住む農民の自立支援の為に展開している各種農業訓練のモデル農家を訪問しました。

・スラッパン小学校 @スラッパン村
2年前のスタデイツアー時に寄贈した絵本に加え、今回もツアーメンバーのご厚志で購入した絵本を新たに寄贈しました。
寄贈した絵本を朗読して貰ったり、一緒に教室内外を掃除したりして生徒達と交歓しました。生徒達は非常に素直で明るく、一生懸命に勉強していました。ツアーメンバー皆感動し、彼らへの支援が実を
結ぶ事を祈りました。












生徒たちの出迎えを受けました              寄贈した絵本の朗読をして貰いました












2年前に寄贈の絵本も本棚にありました         (言葉は、通じなくとも) 先ず、机を片付けて












皆で、清掃をしました                    小さな生徒も




”書き方”の授業でしょうか?
先生の手先を食い入る様に見ていました。







・プレイピール小学校  @プレイピール村
近くの、プレイピール小学校では、NACEF(日本赤十字看護大学学生のボランティアサークル)の
衛生教育の見学とお手伝いをさせて貰いました。 NACEFの皆さん、一生懸命でした。
ツアーメンバーは、生徒たちへのご褒美配りや生徒達と遊ぶ等のお手伝いをさせて頂きました。












蚊による感染症予防の指導も               一寸した手助けをさせて頂きました












一緒にハンカチ落としの遊びをしました         ご褒美のパンと水を一緒に配りました

・昼食 @プレイピール村
GEJの農業訓練参加農家の軒先と庭で、マンゴーとドラゴンフルーツのデザート付きの 豚肉照り焼き
弁当の昼食でした。とても美味しかったです。












皆、未だ元気で食欲も旺盛でした            木陰の耕運機の荷台で




デザート付きです









・家庭菜園訓練・養鶏訓練受講農家訪問 @オータコン村
今年は、未だ雨が充分降っていないと、畑も空からで、雨水桶ももう少しで空になりそうでした。












畑の土は乾燥していて、野菜の成長は良く有りませんでした。 農家の坊やによる案内も有りました。












雨水桶ももう少しで空になりそうでした          自然農薬の作り方講習会です

・バンブートレインの試乗
ラッキーでした。時間の余裕が出来たので、バッタンバン市のホテルへの帰途、バンブートレインの
試乗をしました。 怖かったけど、楽しい一時でした。
近々、新しい列車の路線が出来るとの事で、この村民のアルバイトのトロッコは、廃止になるとか?












さあ、ボチボチ出発進行!                   フランス統治時代の歪んだ線路の上を




鉄橋も有りました








・HOCカフェ  @バッタンバン市
GEJの農民支援活動に現地で汗を流し呉れている現地のパートナーの方々、GEJ・CMAC
(カンボジア地雷対策センター)・PDA(州農業局)・PDRD(州地方開発局)の皆さん、そして今回GEJ
の小学校3校で衛生教育を展開して呉れているNACEFの学生さん達と交流をしました。
HOCカフェは、孤児院(Hope of Children、ノリア孤児院)の子供達が自分達の田んぼや畑で栽培した
食材を利用し運営し、日本の女性がスポンサーとして運営協力しているレストランです。












現地のパートナーとその家族の紹介です        久々の日本風料理に舌鼓を打ちました












餃子も美味しかったです                  ツアーメンバーでジェンカを




NACEFの皆さんの歌と踊りも
有りました