活動報告

カンボジア支援活動の、ご理解を深めて頂きました

2017年09月11日

9月6日、日立建機株式会社グループで、ミニショベルを製造する「株式会社 日立建機ティエラ」(日立建機ティエラ)殿の御厚意で、豊かな大地(GEJ)のカンボジアでの地雷除去後の土地に住む農民たちへの支援活動を紹介する機会を頂きました。
同社は、長年法人支援会員としてGEJをサポートして頂いていますが、同社会議室にて約70名の
役員・社員の方々に対して今回初めてGEJの活動紹介講演をさせて頂きました。
過去に“地雷除去機の開発”に関する講演は受講した事が有るとの事でしたが、今回の講演によりGEJの活動詳細や会費等がどの様に使われているか等が良く理解出来たと、更なる支援協力を
約して頂きました。

加えて、先般同社から新製品拡販キャンペーンでの売上金の一部を社会貢献活動援助費として
ご寄付頂きましたが、今年度にその寄付金を原資にGEJが支援するプラホップ村の小学校に教員
宿舎を建設しました。
詳細は、GEJホームページ上の2017年6月20日付記事「これで、教える事に集中できます!」を参照
願います。)
これで、教える事に集中できます!

今回、先の完成式典で同校校長先生及び管轄の郡教育局長連名で頂いた感謝状を、GEJへの支援の証しとして同社で保管してもらうべく、同社の村杉社長に引き渡しさせて頂きました。

日立建機ティエラ及びお客様の皆皆さま、ご支援有難うございます。

GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの生活向上や自立支援の為、農業訓練による農業技術の普及・改善等の他、学校建設・道路整備やため池造成などの生活・教育環境改善にも力を
入れています。












冒頭、村杉社長よりGEJの紹介をして頂きました   GEJ事務局長の講演も熱が入りました












      皆さん、説明・動画を熱心に聴いて・見て頂きました。 有難うございました。


















社会貢献活動キャンペーンポスターのひとつです  村杉社長へ感謝状の保管をお願いしました












完成した教員宿舎と完成式時の教員の部屋です。 “有難うございます。これで教育に専念できます”