活動報告

(NEW) 野良仕事や水汲みに行くのがとっても楽になります     道路整備・改修

2018年01月09日

豊かな大地(GEJ)がカンボジア北西部のバッタンバン州で地雷除去後の土地に住む農民の生活インフラ改善の為に実施しているボーサンポー村アース農道1.5Kmラテライト舗装化とオータコン村のアース農道整備1.6Kmの工事が昨年12月中旬に漸く完了しました。

オータコン村 アース農道整備
村の第二集会場沿いの小道を農道として整備・拡張したもので、州農業局(PDA)と実施している農業訓練、特に雨季に多数の農民参加が見込まれ、更には地域農民の日常の利便性が非常に向上しました。












工事前の小道です                           整備拡張後のアース農道です

ボーサンポー村 アース農道ラテライト舗装化
GEJの手で同時に整備した“ため池”へのアクセスも含まれている為、水汲みに行くのが非常に楽になったと村民たちが喜んでいます。










工事前のアース農道です                  昨年5月末に完成の“ため池”です












完成した、固く、水捌けの良いラテライト舗装道路です

夫々本年10月までに完成予定でしたが、GEJの他の2017年度支援計画の道路・ため池工事の
完成遅延と同じ様に、工事業者の機材の遅れ或いは雨季に掛ってしまった事などにより大幅に遅れていました。

GEJは、会費や寄付金などを原資に、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの生活向上や自立支援の為、農業訓練による農業技術の普及・改善等の他、道路整備やため池造成などの生活環境改善にも力を入れています。