活動報告

(NEW) 道路保守訓練が行われました。       道路補修

2018年02月13日

1月25日の活動報告で、カンボジア北西部のバッタンバン州の3村での道路補修作業状況を報告しました。 この3村の農民たちは、これまで数度の補修作業経験を持ち、農民達だけで補修作業が可能になっています。
今回新たに豊かな大地(GEJ)の支援で昨年中にアース農道をラテライト舗装に改修したチロック、ボーサンポー及びブオサンクレ各村の農民達が2月初めに道路の保守作業訓練を受けました。
GEJのスタッフが道路メンテナンスの重要性と補修要領の説明後に、支給した補修用具を利用して別な道路の損傷した部分を使い、ステップバイステップで補修作業指導を行いました。
GEJは、ただ道路を整備してあげるだけでは無く、小さな道路の損傷は農民達が自分達の手で補修をするように指導しています。






















チロック村












先ず、保守の重要性と補修の仕方の説明です  GEJ道路手前の別な道路の損傷部を削り取ります












ステップバイステップで補修要領を覚えます     GEJ道路で損傷を見つけたら、自分達の手で!

ボーサンポー村












2016年完成のGEJ道路での訓練です        サンダル履きでの作業が気になります。安全に!












水を撒きながら補充したラテライトを突き固めます




補修した部分に目印の
樹の枝葉を置きます







ブオサンクレ村












GEJ道路以外の道路で、家族の見守る中、損傷部を削り取っています。 しっかり要領を覚えてネ。












皆で協力し合っての作業です




用具も整理して保管します








GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの自立支援の為、農業訓練による農業技術の普及・改善等の他、道路整備やため池造成などの生活環境改善にも力を入れています。それに加えて、自分たちの村の資産を末永く護っていくという共同体精神を持って貰い、この様な道路補修などの農民が協力して出来ることは自分たちで対応する様に、自立心向上の指導もしています。