活動報告

(NEW) 私たち、僕たちの学校が出来るんだ! オー・クン (有難う!)

2018年03月26日

豊かな大地(GEJ)が支援する、内戦時に埋められた地雷の除去処理が済んだ、カンボジア北西部バッタンバン州のとある村、オータコン村の集会所は、子供たちの喜びの声に包まれました。
同村は約160名の就学児童を抱えていますが、村に小学校が無く児童たちは近隣の村々の学校に分散して通っています。一番近いルセイロ村のキーゼル小学校までも片道約3kmも有り、約1時間を掛けて、酷暑・大雨の中でもテクテク歩いて通っています。

村は、現地の政府にその建設を嘆願し続けましたが果たされず、GEJにも数年前から小学校の建設の支援要望が出ていました。
GEJはその建設資金確保の為、他のNPOとの協賛或いは有力スポンサーなどを模索していましたが難しい状況でした。 検討を重ねた末、GEJ独自に建設を進めようと、先の理事会に平成30年度の支援計画の重要施策の一つとして同村の小学校建設を提案し、厳格な審議の末その建設計画が承認されました。

この程、首を長くして待っていた現地の子どもたちや農民たちに村の集会所に集まって貰い、GEJの計画を説明しました。 完成は、8月末までの予定をしていますが、先ずは子供たちの笑顔を見る事が出来て、非常に良かったです。

GEJそしてそのサポーターの皆さん、オ―・クン(有難うございます)。



沢山の子供達が感謝を表しています










集会場での計画説明の状況です











                    説明の直後、ワ―と歓声があがりました

GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの自立支援の為、農業訓練による農業技術の普及・改善等の他、道路整備・ため池造成そして小学校建設などで生活環境改善支援をしています。