活動報告

(NEW) その規模と完成された美しさに感動しました。 アンコール遺跡群   カンボジアスタデイツアー No.7

2018年09月11日

8月10日(金)
今日がカンボジア最終日です。 皆、やや疲れた体を奮い立たせてツアー最後のイベント、アンコール遺跡群の見学をしました。

朝に強いメンバーは、ホテルロビーに4時50分に集合して、アンコール・ワットで朝日の鑑賞に出掛けました。何時見ても、一度として同じ姿が無いそうです。 観賞後ホテルに戻り、朝食を食べて他の皆に合流しました。

8時に全員元気に、アンコール遺跡群の見学に向かいました。寺々の威容と繊細な彫刻などのクメール王朝の遺跡群を堪能しました。
ホテルに帰り、シャワーを浴びたのちシェムリアップ飛行場に向かい、同空港から帰国の途につきました。プノンペン空港経由、11日(土)早朝に全員無事成田に到着しました。

今回のGEJ カンボジア スタディツアーは、小学校児童や農民たちと直接触れ・話し合う機会を多く取る事が出来て、子供たちの純朴さ・将来への思い等にも触れて、これからの支援継続が重要なことを改めて思い知らされた旅でした。

雨季にも関わらず、参加メンバーの日頃の行いが幸いし、行動中は殆ど雨にたたられる事無く過ごしました。

ツアーメンバーには今回のツアーを通じて、カンボジア北西部に散在する地雷除去後の一部農村では電気が引かれていない、移動はオートバイや耕運機、飲料水は雨水、学校までの距離が随分と遠いなどの実態を目の当たりにしてそして体験していただき、GEJの支援活動をより深くご理解いただきました。

来年も、GEJのカンボジアスタディツアーを催行する予定です、読者の皆さんも、是非ご参加をご検討下さい。

・アンコール・ワット (朝日観賞)@シェムリアップ










朝ぼらけのアンコール・ワットです。早朝にも拘らず、結構な人出が! 霞も少し。

・アンコール・ワット見学@シュムリアップ










西参道が工事中の為、仮設の浮橋を通って      西塔門を潜って、先ず集合写真を











荘厳な建物です                        第一回廊の壮大なレリーフに驚かされました
















新手のデバター(女神)でしょうか?            淋浴の池の跡をのぞき込みました
















第三回廊への急な階段の前で           第一回廊の有名な”乳海撹拌”のレリーフも見ました

・アンコールトム @シェムリアップ
バイヨンでは、微笑んだ観世音菩薩の四面塔が出迎えて呉れました。 トンㇾサップ湖での戦闘の様子を描いた物など沢山のレリーフも有りました。










観世音菩薩像の四面塔の前で              トンㇾサップ湖での戦闘のレリーフ前で
















バイヨンの仏教的な雰囲気にサヨナラし、象のテラスを見た後、タ・プロムへバスで向かいました

・タ・プロム @シェムリアップ
仏教僧院からヒンドゥー教寺院に改造されたと言われる建物で、榕樹(スポアン)が寺院の建物に食い込んでいました。自然の力をまざまざと見せつけられました。










榕樹の根がタコの足の様に建物に食い込み・押しつぶしていました。右はここで最も有名な。。。
















仏教色の強い彫刻の多くは削りとられていました         素朴な感じの根も











これで、アンコール遺跡群の見学は、全て終わりです。オー・クン(有難う) アンコール!

・昼食 @アンコール・トム近く
遅い昼食を停電でエアコンが効かないレストランでとりました。










               ツアー恒例の食事前の挨拶です。 これが最後になります。











           野菜炒め風な料理でした。 ココナッツ ジュースを試す人もいました。

・シェムリアップ空港
お世話になったソンバ―さん一家とガイドのソバンさん達の見送りを受け、プノンペン経由の帰国の途につきました。










                     お世話になりました。 有難うございます。



リア・ハウイ!(さようなら) シェムリアップ